新会社法どう変わったの?


新会社法により 最小の資本金で取締役1名から株式会社設立が可能 になりました。新会社法の施行によって以前と変わった点は、以下の3点になります。


  最低資本金規制の撤廃
これまでは通常、株式会社設立時に1000万円以上、有限会社設立時に300万円以上の資本金を必要としました。最低資金がハードルとなって会社設立を諦めていた方も多いと思います。しかし平成18年5月1日に新会社法が施行され、設立当初資本金1円からでも株式会社設立が出来るようになりました。

ここがポイント!
株式会社設立時に1000万円以上なければ設立出来なかったのが、なんと!!資本金1円で法人が設立(1円で起業)出来てしまうのです。これは設立時かなりの費用負担減になり、「やる気や能力・アイデアはあるけど資本金がない・・・。」というサラリーマンやOL、主婦、学生の方などが起業しやすくなったといえます。さあ、この制度をうまく活用して、自分だけのビジネスを始めましょう!


  有限会社制度の廃止
新会社法では、有限会社の設立が出来なくなりました。今までなじみの深かった有限会社制度が、きれいさっぱりなくなってしまいます。(といっても新会社法施行前の有限会社には特例措置がありますが・・・) ただし、株式会社の中にも様々な組織形態が新しく用意され、有限会社に似た株式会社をつくることも可能になっています。


  会社の機関設計の柔軟化
会社の機関というのは、例えば「取締役」「取締役会」「株主総会」など、会社を機能させるための人や組織のことです。従来であれば、株式会社は必ず「取締役会」を設置しなければなりませんでした。しかし、「有限会社的な株式会社であれば、実態に合わないような機関を無理に設置しても意味がないであろう」という考えから、取締役会の設置は任意になります。

新会社法ではより実態に合う形で、そして会社がある程度自らの意思で、機関設計が出来るようになりました。つまり、これまでは取締役3名、監査役1名以上が必要でしたが、取締役1名から株式会社の設立が可能になりました。