LLC(合同会社)の設立


  LLCって何?

平成18年5月の新会社法施行により、新しい会社形態として合同会社(日本版LLC)が注目されています。合同会社、いわゆる日本版LLCとは、出資者の全員が有限責任社員でありながら、出資比率に基づかない自由な意思決定や利益分配が出来る新しい会社形態です。株式会社のような機関設計(株主総会や取締役、監査役など)や、株主の権利(株主平等の原則など)といった強制的な規定が無く、はるかに自由度が増しています。法律による決め事が圧倒的に少なくなっています。

つまり合同会社は、資金を出資した額に関係なく、知識や技術やノウハウを提供した人に対して、資金を提供した人と同じ、あるいは資金を提供した人よりも多く配当を受けることが出来ます。

合同会社は出資額ではなく「人」が主役です!

合同会社の主役は「人」です。株式会社の主役が「お金」(出資額)であることとは対照的ですね。合同会社においては、株式会社のように出資割合による議決権の多い少ないという発想ではなく、原則として社員全員の賛成が必要となります。つまり、社員(出資者)の全会一致で会社を運営していくことになります。これが「人」を中心に考える合同会社の魅力といえます。

  LLC設立スケジュール


① 会社概要の決定

② 法務局にて商号調査(会社の名前)と事業目的の確認

③ 定款の作成  ※公証役場での定款認証は不要です。

④ 会社代表印の作成

⑤ 金融機関へ資本金の振込みを行ってください。

⑥ 登記申請書の作成 → 申請書へ押印

⑦ 管轄法務局へ登記申請書類を提出し登記申請
 (この申請日が会社設立日となります。一般的に大安の日を選ぶ方が多いようです。)

⑧ 登記が完了すると会社手続き終了です。
 (この日から会社の登記簿謄本が取得出来ます。)