会社設立メリット・デメリット

○… 会社設立のメリット …○


  一般的に個人事業より社会的信用がある!
まず、個人事業よりも会社組織の方が、一般的に社会的信用が高いと言われています。大きな取引や金融機関からの借入、従業員募集などに有利です。というのも、法人を設立するには、会社の資本金や本店所在地、役員の氏名などを管轄法務局に登記する必要があります。その登記された内容は、登記簿謄本として誰でも所得し、閲覧することが可能だからです。一方、個人事業の場合には、税務署に開業届を提出すれば事業を営むことができ、法人の登記簿謄本のような基本的な情報は一切ありません。

上記のような理由から、一般的に会社組織の方が個人事業よりも社会的信用があると言われています。

  万一の時のリスクが少ない!

個人事業の場合、事業の責任は全て本人の責任となり、個人の財産にもおよびます。それに対して法人の場合、自分が出資した金額を限界として責任を負えばよく、原則として出資者の個人の財産にはおよびません。しかし、中小企業が金融機関などと取引をする場合、代表者個人が財産を担保に入れたり、個人保証をした場合、最終的にはその個人の財産にも責任がおよびますので注意が必要です。

  継続的な事業活動が出来る!

個人事業の場合、事業主の死亡により事業を終わることになります(相続を除く)。しかし法人の場合、解散や清算をしない限り事業は永続的に存続することが出来ます。

  税金面で有利となる!




×… 会社設立のデメリット …×


  設立手続きに手間とお金がかかる!
法人を設立するには、公証役場での定款認証と法務局での登記が必要となり、時間と費用がかかります。

  事業内容が制限される!

会社組織の場合、登記した事業内容に限られます。もちろん、いつでも事業内容を変更することは可能ですが、変更の度に登録免許税3万円が必要となります。